• yudaicase

認知行動療法について

今回は『認知行動療法』について勉強会をしました。


認知行動療法とは、物事の捉え方を変えて人間関係やストレスを減らす為の治療法です。


痛みの治療においては、運動だけでなく、その痛みに対する捉え方が大切になってきます。


具体的には、痛みに対して過剰な不安を抱くことで痛みが長引くことがあります。


逆に、痛みに対して健全な捉え方(痛みは自分の力で克服できる可能性がある)ができれば、それだけでも治療は円滑に進む可能性があるのです。


当院のリハビリスタッフは、「心と身体」どちらのケアもできるように勉強しております。


リハビリ部 理学療法士 川上




最新記事

すべて表示

2020年10月に開院し2年が経ちました。この2年間いろいろ大変なこともありましたが、地域のみなさん、スタッフ、薬局さん、業者さん、そして家族に支えられながら乗り越えられました。 これからも患者さんだけでなく、患者さんのご家族、当院のスタッフ、私の家族も含めて当院に関わる全てのみなさんが笑顔になれるクリニックを作っていきたいです。 そのためにも日々進歩できるようスタッフ全員で同じ方向を向き、地域貢

今回は「炎症」についてリハビリ勉強会を開催しました。 肩、腰、膝を痛めた時に生じる炎症は、体を治すために必要な反応ですが、これが長引くことで慢性炎症につながり、治りにくい体になってしまいます。 大切なことは、肩、腰、膝に負担のかからない体作りであり、炎症を素早く終わらせることです。 そのために必要なのが、ストレッチや筋トレによる姿勢矯正になります。 当院では、長引く痛みに対して、施術だけでなく、ス