• yudaicase

自律神経について勉強しました。

おはようございます。平山整形外科医院、リハビリ部の尾川です。令和3年2月24日にオンラインで自律神経について勉強してきました。


この「自律神経」ですが、なかなか馴染のない言葉ですよね?


これは、私たちの心臓や肺、胃や腸など、意識していなくても勝手に働いてくれる臓器と関係があるものです。


名前の通り、「自分で律する神経」と書きますよね?なので自律神経なんです。


そして、実はこの自律神経、整形外科でも関係のある「筋肉」ともつながりがあるんです。


そのため、自律神経の調子が悪いと、筋肉の調子も悪くなり、ケガにつながる可能性があるということです。


こういった理由から、私は自律神経について学びを深め、患者さんに還元できればと思っております。


痛みに限らず、何気ない不調(胃もたれ、倦怠感、イライラなど)に対してもご相談に乗れるよう、今後も学びを続けていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

今回は「炎症」についてリハビリ勉強会を開催しました。 肩、腰、膝を痛めた時に生じる炎症は、体を治すために必要な反応ですが、これが長引くことで慢性炎症につながり、治りにくい体になってしまいます。 大切なことは、肩、腰、膝に負担のかからない体作りであり、炎症を素早く終わらせることです。 そのために必要なのが、ストレッチや筋トレによる姿勢矯正になります。 当院では、長引く痛みに対して、施術だけでなく、ス

当院では漢方を利用した整形外科治療を積極的に行っております。整形外科専門医となり日々診療をしていく中でいわゆる西洋医学の薬だけでは限界があると感じてきました。漢方を勉強し始めてまもないころはなんか胡散臭い、体を巡る要素である『気・血・水』って何?、漢方とか本当に効くの?と漢方の効果について半信半疑のでした。まだまだ勉強中ですが実際に漢方を利用した診療をしていく内に全員ではないですが西洋医学の薬では