• yudaicase

慢性疼痛について勉強してきました。

おはようございます。平山整形外科医院、リハビリ部の尾川です。令和3年1月31日にオンラインで慢性疼痛について勉強してきました。


みなさんがお困りの慢性疼痛(3ヶ月以上続く痛み)ですが、現在分かっている研究報告ではストレッチやマッサージをしてもらうだけでは効果が薄いとのことです。


つまり、一時的には良くなりますが、完璧には治らないということです。


では、現在、慢性疼痛に対してはなにが効果的なのでしょうか?


それは全身運動です!


そう、自ら動くことが痛みを落ち着かせる良い方法として根拠があります。


ちなみに、全身運動はプールや自転車、散歩やヨガなど、全身が動けば大丈夫とのことです。


でも、「痛くて運動どころではない!」というお声を頂きそうですね…


そこで頼りになるのが、医師による痛み止め(お薬、湿布)や注射、リハビリによる物理療法(電気治療、ウォーターベッド、ホットパック)、理学療法になるわけです。


みなさんが動きたいと思えるようにサポートさせていただきます。


また、最近は筋肉量が少ないこと、筋肉量はあるけどうまく使えないことも慢性疼痛の原因であることがわかりました。


当院では、Inbody(インボディ)という機械を使い、全身の筋肉量を正確に測れるようにしています。(ご来院いただければ、どなたでも550円で測定できます)


また、筋力測定器も準備しており、筋肉がうまく使えているかも調べることができます。(運動療法患者に限り測定可能)


日頃から、悩まされている痛みの解消に平山整形外科医院をぜひご活用ください。